ブログ

塗り替えタイミングの3つのポイント

塗り替えタイミングの3つのポイント

適切なタイミングで外壁塗装をやり直す事で、大切な住宅を長持ちさせる事が出来る

外壁塗装は、住宅を雨水から守り、住宅の寿命を長持ちさせるためには必須のリフォームです。

単に外観を綺麗にするだけなら、時期は問いませんが、住宅のメンテの為のリフォームなので、外壁塗装の塗替えにはタイミングが重要です。

このタイミングを判断するポイントとしては、まず第1に新築や塗替え後に10年以上経過していれば要注意と言えます。

塗られている塗料の種類にもよりますが、10年前後の耐用年数の塗料が一般的であり、そろそろ塗り替えを検討するタイミングと言えるのです。

第2には、外壁にヒビやコケが目立つ状態か否かです。コケが目立つようなら、それは塗膜が劣化していて雨水をはじく能力が著しく低下している証拠です。

またヒビが多数入っており、そのヒビの口が紙1枚が入る程度になっていれば、雨水がそこから浸透し、住宅の躯体の木材を腐食させる恐れがある為、即塗り替えるべきタイミングと言えます。

さらに第3のポイントとして、塗料の色あせや剥がれがあれば、これも即塗り替えを考えるべきタイミングと言えます。

この様な状態になっていれば、ほとんど外壁塗装の機能を果たしていないと言えます。

こうした塗り替えタイミングの知識を持ち、費用は掛かりますが、適切なタイミングで外壁塗装をやり直す事で、結果的に大切な住宅を長持ちさせる事が出来るのです。

一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!