一級塗装技能資格あり!川崎市の塗装専門店【山下塗装工業】

川崎市で外壁塗装や屋根塗装をお考えなら山下塗装工業へ

未分類

外壁塗装で控除を受ける際の知っておくべき節税のポイント

外壁塗装は、住宅の美観を保ち、劣化を防ぐための重要なメンテナンスです。
しかし、高額な費用がかかるため、躊躇している方も多いのではないでしょうか?実は、外壁塗装には税制優遇措置が適用されるケースがあり、賢く活用することでコスト削減が可能です。
本記事では、外壁塗装における税控除の条件と適用方法について詳しく解説します。

 

□外壁塗装で節税するための基本条件

外壁塗装を行う際に税控除を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
主な条件は以下の通りです。

1:主要構造部の工事費用が100万円を超えること

外壁塗装は、住宅の構造を支える重要な部分である外壁を対象とする工事です。
そのため、住宅ローン減税の対象となる「主要構造部の工事」に該当します。
ただし、住宅ローン減税の適用には、工事費用が100万円を超えることが条件となります。
外壁の面積や使用する塗料の種類によって、100万円を下回る場合もあります。
このような場合は、屋根塗装とセットで施工したり、高性能な塗料を使用したりすることで、条件を満たせる可能性があります。

2:工事を行う面積が50平方メートルを超えていること

外壁塗装の面積が50平方メートル未満の場合は、住宅ローン減税の対象外となります。
ただし、外壁と屋根を一緒に塗装する場合は、合計面積が50平方メートルを超えれば、対象となる可能性があります。

3:年間の所得額が3000万円以下であること

住宅ローン減税の対象となるのは、年間の所得額が3000万円以下の個人です。
ただし、これはさまざまな控除を受けた後の金額であるため、注意が必要です。

 

□住宅ローン控除を利用する手順

住宅ローン減税を利用するには、確定申告を行う必要があります。
確定申告は、その年の所得額を税務署に申告することで、翌年に納める税額が決まります。
会社員の場合、通常は会社が給与から税金を天引きする形で申告を代行してくれますが、住宅ローン減税を受けるためには、ご自身で確定申告を行う必要があります。

1:必要な書類を準備する

確定申告には、いくつかの書類が必要となります。

・確定申告書
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・住宅ローンの年末残高を証明するもの
・増改築等工事証明書

これらの書類は、金融機関や税務署で入手できます。

2:確定申告を行う

確定申告は、毎年2月中旬から3月中旬に行われます。
税務署に直接行くか、郵送で書類を送ることで申告できます。

3:控除を受ける

確定申告が受理されると、翌年の税金から控除が適用されます。

 

□まとめ

外壁塗装は高額な費用がかかるため、税制優遇措置を活用することで、コスト削減が可能です。
住宅ローン減税は、主要構造部の工事費用が100万円を超え、工事面積が50平方メートルを超えている場合に適用されます。
また、年間の所得額が3000万円以下であることも条件です。
住宅ローン減税を利用するには、確定申告を行い、必要な書類を提出する必要があります。
これらの条件と手順を理解することで、賢く税制優遇措置を活用し、外壁塗装のコストダウンを実現できます。

一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!
外壁塗装で控除を受ける際の知っておくべき節税のポイント
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
外壁塗装で控除を受ける際の知っておくべき節税のポイント