一級塗装技能資格あり!川崎市の塗装専門店【山下塗装工業】

川崎市で外壁塗装や屋根塗装をお考えなら山下塗装工業へ

未分類

リシン仕上げ外壁の塗り替えの基本とステップを解説!

家の顔ともいえる外壁のメンテナンスは、美観を保つだけでなく、住宅の耐久性を高める上でも非常に重要です。
特にリシン仕上げの外壁は、その独特な質感と経済性で多くの家庭に採用されていますが、適切な塗り替えが求められることも少なくありません。
この記事では、リシン仕上げ外壁の基本的な特性と、その効果的な塗り替え方法について詳しく解説します。
 
 
リシン仕上げは、モルタルを基本とした外壁の仕上げ方法の1つで、特にその経済性と施工の容易さから、多くの住宅で採用されています。
以下でリシン仕上げの主な特徴と、他の仕上げ方法との比較を行います。
 

*リシン仕上げの定義と基本特性

 
リシン仕上げは、モルタル壁に細かい砂や小石を混ぜた材料を吹き付け、特有の粒状のテクスチャーを作り出す方法です。
この仕上げには、通気性が良く、コストパフォーマンスに優れているという利点があります。
また、リシンは施工後のメンテナンスが比較的容易で、小さな修復作業から全面的な塗り替えまで幅広く対応できるのが特長です。
 

*他のモルタル外壁仕上げ方法との比較

 
リシン以外にも、スタッコ仕上げや吹付けタイル仕上げ、左官仕上げなどさまざまな外壁仕上げ方法が存在します。
各仕上げ方法は見た目の美しさや耐久性、メンテナンスのしやすさにおいて異なる特性を持っています。
たとえば、スタッコ仕上げはより立体的な質感を持ち、高級感を演出できる一方で、リシン仕上げは平滑で自然な見た目が魅力です。
また、左官仕上げは職人の技術が求められるため、一定のパターンで仕上げるリシンとは異なる、オリジナリティの高い外壁を実現します。
 

□リシン外壁塗り替えのステップとおすすめ塗料

 
リシン仕上げの外壁を長持ちさせるためには、適切な塗り替えが欠かせません。
ここでは、リシン外壁の塗り替えプロセスと、それに最適な塗料を紹介します。
 
1:リシン外壁塗り替えの準備とポイント
 
リシン仕上げの特性上、塗料の吸い込みを避けるためには下塗りが重要です。
下塗りをしっかりと行うことで、上塗り材の発色を良くし、また塗料の持ちも良くなります。
リシンが古くなると表面が粉を吹いたり、骨材が落ちたりすることがありますので、塗り替えの前には高圧洗浄でしっかりと表面の汚れを落とすことが推奨されます。
 
2:適切な塗料の選び方と塗り替え工程
 
リシン仕上げの外壁には、耐久性と発色の良さを兼ね備えたシリコン系の塗料が最適です。
シリコン系塗料は、その耐候性に優れ、色あせしにくいため、長期間にわたって美しい外要を保てます。
塗り替えは、下塗り、中塗り、上塗りの3段階に分けて行われ、各ステップで適切な乾燥時間を確保することがポイントです。
 

□まとめ

 
この記事では、リシン仕上げ外壁の基本的な特徴と、その塗り替え方法について詳しく説明しました。
リシン仕上げは経済性と施工の容易さから多くの住宅で選ばれている外壁仕上げ方法ですが、適切なメンテナンスと塗り替えによってその魅力を長く保てます。
適切な塗料選びと正しい塗り替えプロセスを理解し、美しく丈夫な外壁を維持しましょう。
一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!
リシン仕上げ外壁の塗り替えの基本とステップを解説!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
リシン仕上げ外壁の塗り替えの基本とステップを解説!