一級塗装技能資格あり!川崎市の塗装専門店【山下塗装工業】

川崎市で外壁塗装や屋根塗装をお考えなら山下塗装工業へ

未分類

外壁塗装工事で知るべき耐用年数の秘密とメンテナンスのコツ

外壁塗装は、家全体の見た目を大きく左右するだけでなく、家を自然の厳しい条件から守る重要な役割を担っています。
 
しかし、外壁塗装には耐用年数があり、この期間を理解し、適切なタイミングでメンテナンスを行うことが、住まいを長持ちさせるカギとなります。
今回は外壁塗装の耐用年数について詳しく掘り下げ、賢いメンテナンス計画を立てるための情報を提供します。
 
 
外壁塗装の耐用年数は、一般的には10〜20年とされています。
ここでは、外壁塗装がなぜこの期間だけ効力を発揮するのか、そして「耐用年数」という言葉がどのような意味を持つのかを解説します。
 

*外壁塗装の耐用年数の意味

 
外壁塗装の耐用年数とは、外壁が雨風や紫外線などの自然の影響を受けずに保護される期間を指します。
これは、外壁塗装が新たに必要になるまでの時間であり、この期間が過ぎれば塗装は徐々にその効果を失い始めます。
 

*耐用年数が「目安」とされる理由

 
耐用年数が「目安」とされる主な理由は、外壁の材質や使用される塗料の種類、立地の環境や気候など、多くの外部要因に左右されるためです。
これらの条件によって、耐用年数は前後することが一般的です。
そのため、塗装メーカーは試験機を用いて得られたデータをもとに、一般的な耐用年数を設定していますが、これはあくまで標準的な状況下での数値です。
 

*塗料の種類による耐用年数の違い

 
外壁塗装に使われる塗料には多種多様なものがあり、それぞれ耐用年数に大きな違いがあります。
たとえば、アクリル系塗料は3〜5年の耐用年数ですが、フッ素系や光触媒塗料などは10年以上の耐用年数を誇ります。
これらの塗料を選ぶことによって、長期間にわたって外壁を保護できます。
 

□外壁塗装工事の耐用年数を延ばす3つの秘訣

 
外壁塗装の耐用年数を最大限に延ばすことは、長期的に見て経済的にも大きなメリットがあります。
ここでは、耐用年数を延ばすための3つの重要なポイントを紹介します。
 
1:耐用年数が長い塗料を選ぶ
 
耐用年数の長い塗料を選択することは、塗り替えの頻度を減らし、結果的にコストを削減することにつながります。
フッ素塗料や無機塗料などは初期費用は高いものの、その分長く持続するため、トータルでのコストパフォーマンスは高いといえます。
 
2:信頼できる会社を選ぶ
 
会社によっては、適切な塗布量を守らなかったり、準備作業をおろそかにしたりすることで、塗料の性能を十分に発揮できないことがあります。
信頼できる会社は、適切な施工を行うことで塗装の耐用年数を延ばせます。
 
3:適切な塗り回数で塗装する
 
外壁塗装では、一般的に3回以上の塗り重ねが推奨されます。
適切な塗り回数で塗装を行うことで、塗膜がしっかりと形成され、外壁を長期間保護できます。
 

□まとめ

 
今回の記事では、外壁塗装の耐用年数とその延長方法について詳しく説明しました。
外壁塗装は単に家を美しく見せるだけでなく、外壁を環境の厳しさから守り、住まいの価値を保つための重要な役割を果たします。
耐用年数を最大化するためには、適切な塗料選び、信頼できる会社の選定、そして適切な塗り回数を心がけることが大切です。
これらのポイントを踏まえた上で、自宅の外壁塗装計画を進めていただければと思います。
一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!
外壁塗装工事で知るべき耐用年数の秘密とメンテナンスのコツ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
外壁塗装工事で知るべき耐用年数の秘密とメンテナンスのコツ