一級塗装技能資格あり!川崎市の塗装専門店【山下塗装工業】

川崎市で外壁塗装や屋根塗装をお考えなら山下塗装工業へ

未分類

外壁塗装は30年持たない?適切なメンテナンスのタイミングと注意点

自宅を維持することは、ただのコストではなく、資産価値を保つための重要な投資です。
特に外壁塗装は、家の美観を維持するだけでなく、構造を守るためにも欠かせないメンテナンスです。
 
しかし、市場には誤解を招く情報も溢れており、家主は正確な情報を元に適切な判断をしたいと考えています。
本記事では、外壁塗装の耐用年数の真実と、悪質な営業トークへの対処法を紐解きます。
 
 
外壁塗装の耐用年数については、業者によって異なる情報が飛び交い、消費者が混乱することも少なくありません。
通常、外壁塗装の耐用年数は10~20年が一般的であり、「30年持つ」という主張は現実的ではありません。
ここでは、外壁塗装の耐用年数に関する誤解と現実を掘り下げます。
 
1:業者の誇大広告に注意
 
多くの訪問販売業者は、「30年以上持つ」という耐用年数を前面に押し出すことがありますが、これはほとんどの塗料にとって非現実的な数字です。
このような誤解を招く広告には十分警戒し、信頼できる情報を基に判断を下すことが重要です。
 
2:耐用年数の誤解を解消する
 
外壁塗装の耐用年数は、あくまでも塗料が持つことが期待される最大限の期間であり、絶対の保証ではありません。
実際には、環境因子や建物の状態によって、塗装の劣化はもっと早く進行することもあります。
正しいメンテナンスを行い、定期的な点検は不可欠です。
 
3:法定耐用年数との関連性
 
国税庁によると、建物の耐用年数は材質や用途によって異なりますが、これを外壁塗装の目安にもできます。
たとえば、木造住宅で22年から24年が指定されていますが、これはあくまでも税務上の区分であり、塗装の必要性を見極める際の参考の1つと考えるべきです。
 

□外壁塗装を考えるタイミングとその重要性

 
外壁の塗装は、見た目の美しさを保つだけでなく、建物自体の寿命を延ばすためにも極めて重要です。
ここでは、外壁塗装を行うべき具体的な症状とそのタイミングについて解説します。
 

*チョーキング現象

 
外壁の塗装が粉状になって白い粉が手につく「チョーキング」は、塗膜の劣化を示しています。
この現象が見られたら、塗り替えのタイミングを検討すべきです。
 

*塗膜の剥がれとひび割れ

 
塗装膜が剥がれて下地が見えてしまう、またはひびが入っている場合は、外壁の保護機能が低下しています。
これらの症状は、建物の寿命を縮める可能性があり、早めの対応が求められます。
 

*塗装の重要性

 
外壁塗装は単なる美観の問題ではなく、建物を水害や紫外線などの外的要因から保護するバリアの役割を果たします。
定期的な塗り替えは、建物を健康な状態で保つために不可欠です。
 

□まとめ

 
外壁塗装は家全体の健康を保つためにも重要な役割を果たします。
耐用年数に関する誤解を解き、適切なタイミングでの塗り替えが必要です。
本記事で紹介した点を踏まえ、適切な判断と行動をおすすめします。
外壁塗装に関する正確な情報と合理的なメンテナンス計画が、長期的な家の保全には欠かせません。
一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!
外壁塗装は30年持たない?適切なメンテナンスのタイミングと注意点
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
外壁塗装は30年持たない?適切なメンテナンスのタイミングと注意点