一級塗装技能資格あり!川崎市の塗装専門店【山下塗装工業】

川崎市で外壁塗装や屋根塗装をお考えなら山下塗装工業へ

未分類

外壁吹き付け塗装の全貌とは?種類とメリットから選び方まで解説します!

質の高い住まいを望み、持続可能な投資を重視する方にとって、外壁の塗装は重要な課題の一つです。
近年では、効率性とコストパフォーマンスを両立する吹き付け塗装が注目を集めています。
本記事では、外壁の吹き付け塗装のメリットとデメリットを具体的に解説し、適切な選択肢を提案します。

 

□外壁の吹き付け塗装の効率とコストのメリット

吹き付け塗装は、スプレーガンを用いて塗料を霧状に吹き付けることで、広範囲を短時間で均一に塗装できる効率的な方法です。
ローラー塗装と比較して、作業時間を大幅に短縮できるため、工期が短縮され、費用を抑えられます。

1:短工期によるコスト削減

吹き付け塗装は、ローラー塗装に比べて広範囲を短時間で塗装できるため、人件費を抑えられます。
また、工期が短縮されることで、足場などの仮設費用も削減できます。

2:凹凸のある外壁への対応

吹き付け塗装は、ローラー塗装と比べて、凹凸のある外壁にも均一に塗装することができます。
特に、モルタルやサイディングなど、複雑な形状の外壁には適しています。
凹凸のある外壁は、ローラー塗装では塗り残しが発生したり、ムラが発生したりする可能性がありますが、吹き付け塗装ではそのような心配がありません。

3:多様なデザイン表現

吹き付け塗装は、使用する塗料や吹き付けの技術によって、なデザインを表現できます。
例えば、リシン吹き付けやスタッコ仕上げなど、独特のテクスチャーを生み出せます。

 

□吹き付け塗装の種類とそれぞれの特徴

1:リシン吹き付け

リシン吹き付けは、塗料に小さな石や砂を混ぜて吹き付ける塗装方法です。
自然素材の石や砂を使用するため、自然な風合いと高級感を演出できます。
また、通気性が良いため、外壁の呼吸を妨げず、湿気を逃がす効果も期待できます。
ただし、塗膜が薄いため、ひび割れが発生しやすいというデメリットもあります。

2:スタッコ仕上げ

スタッコ仕上げは、セメントや砂などを混ぜて作ったモルタルを吹き付ける塗装方法です。
凹凸のある立体的な仕上がりになり、重厚感と高級感を演出できます。
また、耐久性が高く、長期間にわたって美観を保てるでしょう。
ただし、凹凸部分に汚れが溜まりやすく、定期的な清掃が必要となります。

3:吹き付けタイル仕上げ

吹き付けタイル仕上げは、専用の塗材を吹き付けることで、タイルのような凹凸を表現する塗装方法です。
タイル調の仕上がりが得られるため、モダンでスタイリッシュな外観を実現できます。
また、軽量で施工が容易なため、既存の外壁に重ね塗りすることも可能です。
ただし、タイルと比べて耐久性が劣るため、定期的なメンテナンスが必要となります。

 

□まとめ

吹き付け塗装は、短工期で施工できる効率性、凹凸のある外壁への対応力、多様なデザイン表現など、多くのメリットを備えています。
ただし、塗料の飛散や騒音などのデメリットもあります。
そのため、吹き付け塗装を検討する際には、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、ご自身の家の状況やニーズに合った適切な塗装方法を選択することが重要です。

当社では知識と経験豊富な職人によって塗装工事を施工致します。
吹き抜け塗装に興味がある方はぜひ当社までご相談ください。

一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!
外壁吹き付け塗装の全貌とは?種類とメリットから選び方まで解説します!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
外壁吹き付け塗装の全貌とは?種類とメリットから選び方まで解説します!