ブログ

塗装は屋根や外壁だけじゃない!室内を塗装仕上げするメリットとは?

「塗装」という表現を聞くと、「外壁」や「屋根」の工事をイメージする人が多いことでしょう。
とはいえ、大抵の塗装業者は屋外だけでなく室内の塗装作業も請け負っています。
では、室内塗装をすることでどんなメリットがあるのかをお伝えします。

■色の微調整がしやすく修正も容易

内装用クロスを使う場合は、メーカーで指定されている色の中から選ぶ必要があります。
一方、塗料を使って仕上げる場合にはクライアントの要望に合わせた細かな調整が可能、というメリットがあります。
また、何かのはずみで壁が汚れてしまった場合でも、色の配合をきちんと記録しておけばすぐに修正が可能です。
クロスの場合には基本的に修正を行なう面全体を張り替える必要があるため、大がかりな作業になりがちです。
また、クロスのラインナップは定期的に更新されるため、「修理用を購入するためメーカーに問い合わせたらすでに製造中止になっていた」というケースもあります。
塗装仕上げはそうした心配が無い、というのが魅力です。

■有害物質を吸収してくれる塗料もある

最近の室内用塗料には、室内の嫌な匂いを吸収してくれたり、有害物質であるホルムアルデヒドを吸収して無害化してくれたりするものが増えてきています。
また、室内用に使用されている塗料は鼻に付くきつい匂いがほとんどないため、「作業完了後にひどい匂いでせきこんでしまう」ということもほぼありません。
そのため、病院や幼稚園・保育園など、安全性に関する基準がとりわけ厳しい施設においても、室内塗装を選択するケースが増えてきています。
加えて、内装用クロスのように作業後廃材が大量に残ってしまう、というデメリットもありません。

■壁のオシャレな質感を生かすことができる

室内塗装をすることで、壁の持つオシャレな質感を十分に生かすことができる、というのも大きなメリットです。
部屋の雰囲気に合わせたカラーを選ぶことで、室内の雰囲気はさらに魅力的なものとなることでしょう。
また、反射率の高い塗料を使用することで、日差しがあまり入らない部屋であっても明るい雰囲気にすることが可能となります。
こうした機能性の高さは塗装ならではの利点と言うことができるでしょう。

山下塗装工業では、内装の塗装仕上げに関しても豊富な施工経験を有しています。
「内装をクロスにしようか塗装にしようか悩んでいる」という方は電話もしくはメールで資料請求をしてみることをお勧めします。

一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!