ブログ

定期的な塗装をすることで住宅にはどんな効果があるの?

戸建住宅の外壁や屋根塗装にはかなりの出費が伴います。
そのため、家屋オーナーの中には定期的に塗装工事を行なう必要性をあまり感じない、というケースが少なくありません。
では、塗装を定期的に行なうことによってどんな良い効果があるのかを考えてみましょう。

■家屋の寿命が大幅に延びる

外壁や屋根は毎日強い日差しや雨風にさらされており、何もメンテナンスしないと徐々に劣化してさびが発生したり、亀裂が入ったりしていきます。
こうした劣化をすぐに対応せず放置しておくと、さらに劣化は広がって外壁全体に大きな穴があいてしまったり、屋根が錆ついて雨漏りを起こしたりしてしまうでしょう。
このようにして徐々に家屋が老朽化し、やがて家を支える梁が破損すると家屋倒壊の危険も起こります。

外壁や屋根の塗装を定期的に行なうことで、気候の変化に伴う劣化を防ぐと同時に、破損してしまった個所を素早く見つけて対応することが可能となります。
その結果、家屋全体を良い状態に保つことができ、生活場所としての寿命を大幅に伸ばすことができるわけです。

■メンテナンスをすることで安全性も高まる

塗装およびそれに伴うメンテナンスを行なうことで、家屋の安全性も高まります。
例えば、屋根が劣化して穴があいてしまうと、そこから雨や湿気が入り込んで柱を腐らせてしまいます。
また、雨水によって電気配線が腐食してしまうと、漏電による火災が起きるリスクは非常に高くなるでしょう。
屋根や外壁が劣化してもろくなってくると、そこから剥がれ落ちて下を通っている人に当たるという危険もあります。
雨どいやベランダの手すりなども、劣化や腐食が進むことで落下事故の危険が高まります。
ですから、定期的に塗装工事を行なって住宅全体のメンテナンスをすることは非常に重要なプロセスなのです。

■外観が大きく改善するので住み心地も良くなる

外壁や屋根の塗装を行なうと、新築のような外観になるため、住み心地が非常に良くなるという効果もあります。
そこに住んでいる人だけでなく、近隣の住民にも「よく手入れされている家」という心地よい印象を与えることができるため、地域全体にも良い影響となります。

川崎市高津区や宮前区にお住まいの方で、外壁と屋根の塗装を考えておられるなら、地元密着型で豊富な施工経験を持つ山下塗装工業がおすすめです。
塗装だけでなく施工前点検から修理・メンテナンスまで幅広く対応してもらうことができます。

一級塗装技能士 代表 山下
旅行が趣味な山下です。娘の部活を応援するのが楽しいんです(笑)川崎市高津区を拠点に対応しております。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!